こんにちは、トシカズです。

このブログに訪問して頂き有難うございます。

 

日常生活のなかで、不安や悩みを感じていることで、最も多いのは

「老後の生活設計」ではないでしょうか?

 

お金や生活の不安など、つきない思いはあなたも同じではないでしょうか?

 

自分の将来、不安は悩みはありませんか?

年金のアンケート調査で、実に85%の方が不安を持っているとのことです。

私達の年金から、権利収入など、今回は内容を「少し濃く」書いていきますね!

 

 

 

自分の将来や年金のこと、皆さんはどのように考えているのでしょうか?

自分が今後、老人になる時に貰える年金。

「年金と備え」を知ることで、これからのあなたの人生をより豊かにしていきましょう!

 

1  そもそも、年金とは?

年金とは、社会の連帯を制度化したものです。
「みんなで支え合うシステム」と言った方がわかりやすいですね。

国民の義務として、日本に住む全ての人が加入します。
老後の暮らしや事故などで障害を負った時や一家の働き手が亡くなった時に、みんなで支え合おうという仕組みです。

年金制度には、国民年金、厚生年金、共済年金(公務員・私立学校教職員など)があり、ここでは国民年金と厚生年金について投稿します。

 

2  私達がもらえる年金

「老齢年金」・・・原則60歳以上から受け取れます

「障害年金」・・・病気や怪我で障害が残った時

「遺族年金」・・・子供がいて一家の働き手が亡くなった時

 

3 老齢年金にも種類があります

20歳以上60歳未満の全ての人が加入する「国民年金」と、会社員・公務員が加入する「厚生年金」があります。
つまり、会社員・公務員は2つの年金制度に加入していることになるのです。

国民年金

第1号被保険者・・・20歳以上60歳未満の自営業者・学生・フリーターなど

第2号被保険者・・・会社員・公務員

第3号被保険者・・・厚生年金加入者に扶養されている、20歳以上60歳未満の配偶者(年収130万円未満)

厚生年金

会社員・公務員

 

4 無職や学生などで、払えない場合はどうすればいい?

未加入の場合は、将来の年金額は全く給付されませんのでご注意を!

でも、今すぐに支払えない場合などもありますよね?
そんな時は免除制度などがあります。
いざ年金受給というときに、免除の期間は半分の金額が支給されます。
制度をうまく活用しましょう。

 

5 実際にいくら貰えるのか?

年金別にシミュレーションしてみました。
年金の受け取りは2ヶ月に1回です。
1ヶ月あたりの例をあげて計算してみました。

 

☆高校卒業後に5年間厚生年金に加入し、その後専業主婦の場合

厚生年金 月/  9,108円
国民年金 月/64,941円

合計   月/74,049円

 

☆自営業で国民年金に加入した場合(第1号被保険者)

月/64,941円

 

☆大学卒業後、定年まで会社勤めた場合で、国民年金と厚生年金の両方加入(第2号被保険者)

厚生年金 月/90,543円
国民年金 月/64,941円

合計   月/155,484円

 

※支給日は偶数月の15日で、年計算をして12で割った金額です。(全て仮定した試算額です)

 

6 自分の実際の年金額が知りたい!

ねんきんネット→ https://www.nenkin.go.jp/n_net/

ここに登録すると、24時間いつでも、スマホでも最新の年金加入記録が確認出来ます。
自分の年金手帳があれば、登録は簡単で、必要事項を入力すると、日本年金機構よりユーザーIDが郵送で送られてくるので、「ねんきんネット」にログインしてください。自分の年金見込額も試算出来るんです。

 

どうでしょう?

以外と少ないのがおわかり頂けましたか?

 

私達が貰う頃には、年金制度は無くなるのでは?

将来に対しての不安や悩みはつきないですよね?

これからの給料、退職金、リストラ、倒産、病気などなど・・・

 

7 自分ライフプランを作ろう

ライフプラン(人生設計)を立てて予期せぬ出費に備えることです。

例えば、60代になると、住んでいる家が古くなりリフォームが必要。

70代になると、介護サービスの利用などが考えられますよね。

なりたくない、考えたくないけど現実です。(泣)

 

この年金だけで、果たして自分の将来は、やって行けるのでしょうか?

 

 

8 権利収入

権利収入って言う言葉は知っていますか?

労働には2種類あり、「労働収入」と「権利収入」があります。

労働したから労働収入が入り年金が入りますよね。

つまり、自分が労働しなくなったら収入は入りません。

病気・倒産・リストラ・退職等、働きを辞めた瞬間、収入はストップです。

 

それに対し、権利収入は、

自分が持つ「権利」によって継続的に生まれる収入です。

 

この動画をご覧ください。

 

 

労働収入と権利収入の違いがわかりましたか?

 

自分が働かなくても、収入が入り続ける仕組みを作っておくことです。

 

9 対策

将来に対し、今からでも遅くない出来ることは、私の1番のオススメは、

仮想通貨です

仮想通貨の魅力は何と言っても「持ってるだけ」でいいのです!

何もしなくても、どんどん価値が上がっていくので、面倒くさがり屋の私にとっては、うってつけです。

 

まずは、仮想通貨を所持して下さい、段々と上がっていきますから。

仮想通貨市場は、これからどんどん増えてきています。つまり、市場が増えるということは、仮想通貨自体の価値は上がるということですね。

 

その仮想通貨を買う取引所はコチラです。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

仮想通貨はビットコインだけではなく、イーサリアム、リップル、ライトコインなど数多くあります。

最初は、ビットコインからスタートしてみてください。

 

そして、ビットコインのインフラはどんどん拡大していきます。

ビックカメラ全店舗にも決済にビットコインを導入していますよね。

参考までに、ビットコイン決済導入を大手コンビニが検討中、一気に数十万店舗規模に

 

 

また、今使っている紙幣、これからもずっと続くのでしょうか?

今後はブロックチェーン(前回投稿しているので参考にしてくださいね)が発達し、デジタル化が進み、人が必要ではなくなる時代になってきます。

2016年9月3日の日経新聞で、日銀の黒田総裁が、「紙幣がなくなる日に備える必要がある」と言っています。

さらに、麻生財務大臣は「銀行の支店もなくなりスマートフォン1台あれば事足りるようになる」と言っています。

 

いまの日本は、現金使用率はほぼ100%ですよね?

世界ではどうだろうか?

スウェーデンでは、現金の割合がなんと、2%なのです!

日本の常識が世界の非常識かもしれません。

これからは、キャッシュレスになると思われます。

 

目まぐるしく変わる世の中、変わらないのは自分だけ

そんな自分には、なっていないでしょうか?

 

ここまで読んで頂いて、有難うございます。

皆さんに、うまく伝わればと願います。

 

自分の将来、自分で守りたいものですね。

あなたの役に立たてれば幸いです。

 

トシカズでした。

Facebook にシェア
Pocket