こんにちは、トシカズです。

皆さんのところは暖かくなりましたか?

私のところはまだまだ雪と氷の世界ですよ!

春はまだまだ遠いです。

そんなまだ寒い中、私の心の中はとても熱くなっていて、

今、というか、私の中で盛り上がっている、

「ブックメーカー」のお話をしますね。

 

そもそも、ブックメーカーって何?

本のメーカーでしょ?と、最初は私は思いました。

今となっては大きな勘違いでした!

これを欧米の人に言うと笑われてしまいますね(笑)

 

ブックメーカーとは

簡単に言うと、欧米における、スポーツなどを対象にした、賭けや胴元などを言います。

アメリカなどは、「スポーツブック」という言い方をされ、

ブックメーカーをする人を「ブッキー」(bookie)と呼びます。

18世紀末、イギリスのニューマーケット競馬場で、ハリー・オグデンが始めたのがきっかけでした。

最初は競馬から始まり、今では様々なスポーツに広がって、その範囲はスポーツを越え、

政治的選択や戦争の行方にまで広がります。

ただし、イギリスでは、戦争に賭けることはタブーとされています。

面白いのは、「クリスマスに雪が降るか?」というものまで、非常に幅広く賭けの対象が広がっています。

 

 

ブックメーカーで賭けを楽しむというスタイルは、発祥地域である欧州では、もはや当たり前な文化となりました。

そして近年、インターネットの普及により、急速に世界に広まり、オンラインでブックメーカーが各国から参加できるようになり、世界中の人達が楽しめるようになりました。

 

そしてついに、

1960年、イギリス政府公認事業になりました。

賭博及び宝くじ法と呼ばれる法案が議会を通過し、政府の定める厳しい条件をクリアすれば、民間の会社が胴元になれるというルールが定められ、これが「ブックメーカー」の始まりです。

日本でいうと、競馬のように、法律で認められているので、急になくなるということは有り得ないですね。

信頼性・安全性は確かなものとなっております。

 

世界3大ブックメーカー

1、William Hill (ウイリアム ヒル)http://www.williamhill.com/

ブックメーカーの最大手で、賭けの種類の多さと信頼性は世界No.1です。

 

2、Ladbrokes(ラドブルックス)http://www.ladbrokes.com/

ヒルトングループが100%出資するスポーツブックメーカーです。

 

3、Coral Eurobet(コーラル ユーロベット)http://www.coral.co.uk/

Gala Groupに入り、英国内業界3位の賭博娯楽事業会社。※Coralは日本からのオンライン登録は不可

 

 

ブックメーカーは、自分で掛け金を調節出来ます

これは非常に大きなメリットです。

株の場合は、株によって値段も変わり、さらに売買単位がありますね。

100株、1000株単位で一口というふうに、1株から買えませんね。

ブックメーカーは、1回の投資金額は1~5ドルから可能ですので、低予算で楽しめます。

パチンコで例えるとしたら、1円パチンコ、2円パチンコ、4円パチンコなど、レートを自分で5円、10円、100円などと、変更出来るということです。

つまり、資金管理をしっかりとして運用すれば、大きなリターンを得ることが出来ます。

さらに、外的要因に左右されないのがイイですね!

株やFXは外的要因によって、株価や為替レートが大きく変動しますね。

例えば、2011年3月11日の東日本大震災のとき、日本株のほとんどの銘柄が大幅に下落しましたね。

ブックメーカーの場合は、震災が起きても、たとえ試合がキャンセルになっても、賭けた分のお金は戻ってきます。

自分の賭けたお金以外に減ることはありません。

株やFXより、遥かに固く、堅実な投資報酬ですね。

そして、試合が終わるとすぐに振り込まれます。

これは、大きいですよね!

即金性が高く、運用しやすいのがとても魅力です。

 

みんなが勝てたら会社は潰れています

ギャンブルは、胴元の会社が存在します。

パチンコで言えばマルハンですが、ブックメーカーで言えばウィリアムヒルなどです。

会社が何年も継続していることは、利益を出し続けているということですね。

つまり、我々がギャンブルを続けた場合には、必ず負けるということです。

 

還元率がポイントです

還元率とは、賭けに対して、いくらプレイヤーに払い戻しされる割合のことです。

宝くじ       45%
競馬・競輪     75%
パチンコ      80%
ブックメーカー 95%

宝くじがいかに戻ってこないか、よくおわかりでしょう。

パチンコを例にとると、パチンコ台に10万円突っ込むと8万円しか返ってこないのです!

 

日本のプロ野球やJリーグもあります 

日本で言えば、競馬にしか賭ける楽しみしかない思いが、他のスポーツに注ぐことが出来ます。

馬券が的中し、払い戻しになるあのワクワク感が、すべてのスポーツで感じとることが出来るんです。

投資がメインではありますが、自分の投資した試合を見に行ったり、TVで見たり出来るので、
お金がかかっている分、勝った時の喜びはひとしおです!

自分の好きなチームや選手に賭けて、試合を観戦することは、イギリスでは習慣になっています。

自分の投資したチームがイイ試合をしたら、いつの間にか一ファンになってしまいますよね。

そして、なにより楽しみながら資産を増やすことが出来ますね。

 

欧州のスポーツファンはスポーツの楽しみ方の一つとして、

文化としてスポーツの勝敗にお金を賭けて観戦することを楽しんでいます。

スポーツの楽しみ方、人生に楽しみ方が実に上手だなと強く思います。

 

どうですか?私のこの小さな投稿で少しはブックメーカーのことわかりましたか?

 

ハマルとズッポリハマリます!
(それは、私か!)笑

 

トシカズでした。

 

Facebook にシェア
Pocket