こんにちは!トシカズです。

まだ暑い日が続いてますか?

私のところは、ストーブをついに焚きました!

もうすでに、毛布をかけています!

初雪を観測したところもあります。

ちょっと遅かったかもしれないですが、

ちょうど今の秋の時季についてです。

 

秋といえば、皆さんは何を想像しますか?

1.食欲の秋
2.行楽の秋
3.紅葉の秋
4.スポーツの秋
5.睡眠の秋
6.読書の秋
7.芸術の秋

などが挙げられますね。

暑さが通り過ぎて、活発に色々なことを挑戦しやすく、最もアクティブに行動できるシーズンではないでしょうか。

皆さんは、アウトドア派orインドア派ですか?

インドア派な方は、一年に一回しか楽しめない「紅葉」を楽しんでみてはどうですか?

 

今日は、3.紅葉の秋について語らしてください。

 

AME_863kouyounikakaruhashi_TP_V

 

紅葉の見頃は、1番早い北海道から9月上旬にスタートし、最後は九州で11月下旬まで続きます。

全国の方が、この投稿を見ていると仮定して、
全国的に有名なスポットを挙げると

メタセコイア並木/滋賀県
上高地、軽井沢、白駒の池/長野県
栗駒山、八幡平/岩手県
吉野山/奈良県
磐梯吾妻スカイライン/福島県
八甲田山/青森県
くじゅう連山/大分県
黒部峡谷/富山県
芦ノ湖/神奈川県などなど・・・

なんだ、ココは載ってないのか!と言うなかれ

あくまでも例としてなので(あえて、私の住む北海道は入れませんでした)

もうすでに計画を練って、どこかへ紅葉を見る予定をしている人もいるかもしれませんね。

そこで、紅葉を見るときに気をつけるべきことを何点かお伝えしますね。

 

紫外線対策
 秋は、夏に比べ空気が澄んでいるので、紫外線が直接肌に届きます。
標高が100M高くなれば、約1%紫外線が強くなると言われてます。
サングラスと肌の露出に注意してください。

 

気候・天気の変化
秋は日が暮れるのが日増しに速くなってきています。
気温の変化に対応出来る服装を考えましょう。

 

マダニに注意
 山に入る時は、出来るだけ肌を露出しないことです。 野山には「マダニ」がいます。
このマダニに噛まれると厄介です。

通称SFTSといい、「重症熱性血小板減少症候群」でマダニ感染症です。

噛まれた時はすぐに発症するわけではなく、約6日間~2週間くらいの潜伏期間があります。感染すると、血小板や白血球が減少し、致死率は低いものではありますが、50歳以上の人が感染した場合の死亡率が高く、日本での死亡者で41人のうち、33人は70歳以上の高齢者ですって!

噛まれた時の対処法は・・・よくわかりません!というか、有効な特効薬やワクチンがないです。

なので、予防対策が必要です。

1.草の上に座らない
2.サンダルを履かない
3.虫除けスプレーを携帯する
4.肌の露出をしない
5.帰宅時に服についてないか、刺されてないかチェック(髪の毛、足の付根、脇の下、膝の裏、手首等)

 

以上のことを踏まえ、紅葉を見るときは、肌の露出を控え、天気・気温に注意した服装をする。虫除けスプレーを携帯し、葉っぱに触らず、座らない、などを注意してください。

 

紅葉が美しいこれからの時期、

「秋はつるべ落とし」と言われるように、日が短く、太陽が一気に日没します。

万全の体制で紅葉を楽しんでみてくださいね。

 

ELL86_teruyamakouyou1322_TP_V

 

トシカズでした。

 

Facebook にシェア
Pocket